水のトラブルに見舞われても慌てないことが大事

水のトラブルに見舞われても慌てないことが大事 トイレで水のトラブルが発生すると、場合によっては一刻も早く修理をすることが必要になります。家の中で水を使う場所はいくつもありますが、水のトラブルのパターンが多いのもトイレの特徴と言われています。毎日安心してトイレを使うために、いつもと何かが違うと感じたらすぐに対処をする必要があります。その違いがたとえ小さいものでも、すぐに修理を検討してください。小さなトラブルを放置しておくと、いつの間にか大きなトラブルになるので注意が必要です。

■便利で快適なウォシュレットもトラブルが起こる

水のトラブルは最新型のウォシュレットでも起こる可能性はあります。温かいお湯が出て清潔に使えたり、便座が温められていることで寒い冬でも温かくトイレタイムを過ごすことが出来ます。この快適な空間がトラブルによってダメになってしまっては大変です。絶対にトラブルが起こらないという保証はなく、どのご家庭でもトイレのトラブルは起こると言えます。
これまでいつも通り使っていたのに急にトラブルが起きたとき、パニックになる方もいます。しかし慌てることはありません。色々試してトラブルが改善されることもあるので、まずは冷静になりましょう。トイレ内の床が水漏れでびしょびしょになると、それだけで慌ててしまうでしょうが、古新聞を床に敷いて水を吸い取ってから対処を考えても遅くはありません。

■知っておくと役立つ豆知識
日本では水にまつわる法律がいくつもあります。その法律のおかげで私たちは安全な暮らしを送ることが出来ています。もちろんすべての法律を覚えるのは難しいですが、トラブルに関することだけでも頭の片隅に入れておくのは大切なことです。あまり知られていないことですが、排水管に関する法律もあります。
何気なく暮らしていると排水管からボコボコと音が聞こえてくることがあります。それがたまになら気にも留めないかもしれませんが、頻繁に聞こえてくるようになると不安が募ります。もしかしたらそれは排水管の中でトラブルが起きている合図かもしれません。状況が悪化する前に、いつもと違うと感じたときは専門業者に相談するのもひとつの方法です。すぐに修理を依頼しなくても、相談をすることで修理が必要かどうか判断してもらえるので安心です。

■自分で修理できることも多い

特にウォシュレットタイプのトイレの場合、精密機械ですから自力で直すと言っても限度があります。ただ、素人でも出来る範囲の修理もありますから、そのときに備えて必要な道具を準備しておくことをおすすめします。
力がないし手先が不器用だから自分では無理と諦めず、せめて水漏れを一時的に解消するために役立つマイナスドライバーやプラスドライバーなどは用意しておきましょう。専門職の方々が使うような高価なものではなく、100円ショップに売っているタイプでも十分役立つことがあります。
水漏れ以外にもトイレのつまりで悩む方も多いものです。一度つまってしまうと次に水を流せなくなるので意外と大きなトラブルに分類されます。まずは何が原因で詰まってしまったのか解明する必要がありますし、その原因によっては自力で直せる可能性もあるので、まずはどんな原因があるのか知っておきましょう。
トイレのタンク内でもトラブルが起きやすいと言われています。どんなトラブルが起きるのか把握することで冷静に行動できます。

■まとめ
トイレのトラブルをそのままにしておくと被害が大きくなりますし、大掛かりな修理が必要になるとトイレが使えなくなるので大変です。毎日使っていれば、いつもと違う変化に気づくこともあるでしょうから、小さな変化も見逃さずに、トラブルが小さいうちに解消するよう心がけましょう。いざというときのために信頼できる優良業者をピックアップしておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース